冷え、ほてり【更年期障害】漢方薬の正しい使い方

更年期障害で当帰芍薬散を検討する女性 その他

冷えやホットフラッシュ等、更年期障害と思われる症状で漢方はどうかなと思ってませんか?

漢方薬は更年期障害の症状を緩和することができますが、自分の体質に合っているか分からないと中々手を出しにくいですよね。

今回は更年期障害と関わりの深い当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方薬にスポットを当て、正しい飲み方や効果ついて詳しくお伝えします。

また、併せて漢方薬の効果を高めるセルフケア(ツボ押し)も紹介しますので、最後まで見てみてくださいね。

東洋医学と更年期障害の考え方

東洋医学では、気、血、津液(水)の3つで体を構成していると考えられており、1つでもバランスが崩れると健康に害をきたし、症状が現れると言われています。

月経が止まる前後にこの3つのバランスが崩れやすくなり、様々な症状が現れるそれが更年期障害です。

そしてバランスが崩れたとき漢方薬を服用することで、足りないものを補い3つのバランスを整える作用を漢方薬はもっています。

当帰芍薬散とは?

当帰芍薬散は6つの生薬からできています。

当帰(とうき)     血流の活性化を行う

芍薬(しゃくやく)   筋肉の痙攣を緩和し血管の働きを促す

茯苓(ぶくりょう)   利尿作用

沢瀉(たくしゃ)    水分代謝を調整し不要な水分の排泄を促す

川芎(せんきゅう)   血行アップ

白朮(びゃくじゅつ)  利尿作用、胃腸を整える

これらを合わせ、血行促進むくみ改善を得意とする漢方薬です。

効果のある症状

残念ながら、当帰芍薬散はすべての症状に効果があるわけではありません。

更年期障害の中でも特に

  • むくみ
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 冷え
  • 貧血傾向
  • 肩こり
  • 頭が重だるい
  • 体力がない方 など

血流が溜まりやすく、水分の排泄がうまくいかない方が対象です。

上記の更年期障害症状以外にイライラする、ホットフラッシュ(寝ている間に汗をかく)が起こる、のぼせるなどの症状のある方は加味逍遙散(かみしょうようさん)

動機、息切れ、しびれが出現する方は柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)がおすすめとなります。

更年期

飲むタイミングは?

食前(食事30分前)または食間(食時2時間後)に1日7.5gを2〜3回に分けて水、またはぬるま湯で飲んでください。

飲み忘れた際は次に飲む時間が2時間以上空いてる場合は飲んでも問題ありません。ただし、2時間以内の場合は飲まずに飛ばしてください。

服用NGな方

症状が該当された方の中でも、

  • 胃腸の弱い方
  • 妊娠されている方
  • 薬を服用したことにより発疹などのアレルギー症状や食欲不振症状が出る方
  • 1ヶ月服用しても変化のない方

上記にあてはまる場合は医師に相談し、服用を考えてみてくださいね。

効能アップのツボ押しでセルフケア

血海

(効能)血の働きを促し生理痛や冷えを改善

(場所)膝のお皿の内側端から上に指3本分上に上がったところにあります。

(押し方)3〜5秒間押す、2〜3秒間離すを繰り返し行います。

ゆっくり押し、ゆっくり離すことを意識してみてくださいね。

十宣(じゅっせん)

(効能)ホルモンバランスの変化による自律神経の失調を整えることができる。

(場所) 手の指の先端。左右の手を合わせて10ヶ所ある。

(押し方)指の先端を親指の腹で3秒間押し、これを5回繰り返す。

または左右の指の先端同士をあわせ、10回ずつ軽く叩く

とっても簡単ですので試してみてくださいね!

ツボ押しと鍼灸をうまく利用し第二の人生を楽しもう

更年期障害というとマイナスな面が多いように感じますが、身体を整えることにより症状を軽減することが可能です。

これを期に更年期障害だけでなく、今まで見えていなかった体の不調と向き合ってみませんか?

ツボ押しや漢方薬で身体の免疫力を底上げし、体の些細なサインと真摯に向き合い身体を優しく労ってあげるよう意識を変えてみてくださいね。

コメント